絵を描く道具としてデジタルを使ってみる

絵を描く道具デジタル

「私の趣味は絵を描くことです。」

というのは、ウソで、やる気になる時と、全然、やる気にならない時の差が激しく、
だから、あんまり上達しません。

ただ、最近、ちゃんと学んでみようかな?という気になっているのが、デジタルで絵を描くことです。

目次

スケッチブックに鉛筆で描いた感じが好き

私が絵を学んだのは、「脳の右側で描け」「内なる画家の眼」という本でしたから、もともとは、スケッチブックに鉛筆で描いていたんです。

広告

created by Rinker
¥2,915 (2024/07/18 11:39:28時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,990 (2024/07/18 11:39:29時点 楽天市場調べ-詳細)

その時、お題として出されていたものを実際に描いたのがこちらです。
最初の絵は、影の練習として行ったものです。
鉛筆で塗りつぶしたスケッチブックに、明るい部分を消しゴムで消していく方法です。
さかさまにした方が、うまくいくので、見本をさかさまにして、見たままを消していきました。

これを、上下、逆転させてみます。
すると、見事に、男性の顔が出現しました。これ、めっちゃ面白いです。

もう一つは、スケッチブックにめちゃめちゃ線を引きながら、位置を確認して描いたもの。

すごく上手ではありませんが、まぁ、本で説明された通りに描けば、こんな感じには仕上がります。
そして、こういう雰囲気の方が、私は好きなんですが、手もスケッチブックも汚れまくるわ、消しゴムのカスは出るわ・・・で大変です。
そういうこともあってか、ある日突然、鉛筆とスケッチブックで描くのが、すご~く面倒くさくなってやめてしまいました。

絵を描く道具としてデジタルを使ってみる

でも、絵を描きたいな・・・上手になりたいな・・・って想いは、結構、くすぶるんですよ。
そこで、せっかく持っているipadで絵を描いてみることに。
アプリは、Adobe Frescoです。

ところが、これが、やってみると、すっごく下手なんです。(泣)
まず、スケッチブックに描く時の鉛筆の感じと、デジタルのペンシルの感じが全然違うので、その操作に慣れるまでが大変で、投げ出しそうになります。

ただ、一方で、とっても便利な面もあります。
それが、レイヤー機能と拡大機能です。
レイヤー機能を使えば、下書き、清書、色塗りなどなど、紙面(?)を何層にも分けることができるため、失敗したな~と思ったら、すぐにやり直せます。
また、拡大機能の方は、細部を描く時はもちろん、老眼の身には非常に!とっても!すっごく!有難いです。

デジタルを使うポイント

そんなこんなで、1週間ほどAdobe Frescoを使い続けているうちに、気づきました。
基本、アナログとデジタルは違うもの!として認識した方が良い!ってことに。

つまり、スケッチブックに鉛筆で描くのと同じことを、デジタルには求めないことにしました。
そこで、Adobe Frescoで使うブラシを「鉛筆」ではなく、「アクリル」に変更して描いてみると・・・?

まだ下手っぴではありますが、「鉛筆」のスケッチより、かなりマシになりました。
拡大すると粗が見えるので、遠目で見えるよう小さめサイズにしております。(笑)

ただ、この絵がきっかけとなり、デジタルで絵を描くのが俄然、楽しくなってきました。

まとめ

もともと、アナログでも上手に絵が描ける人ならば、「弘法、筆を選ばず」で、デジタルで描いても上手!ってなるんだと思います。

でも、そうじゃない場合には、アナログとデジタルは切り離して考えた方が良い気がします。

順番としては、

  • 絵の描き方をアナログで学ぶ
  • その後、デジタルでの絵の描き方を学ぶ

のが良いのではないか?と。

どうせ、デジタルで絵を描くのなら、最初からデジタルでも良いのでは?と思うかもしれませんが、
デジタルって、何でもできてしまうところが欠点です。
というのも、レイヤー機能を使って、画像をトレースする・・・なんてことも簡単にできちゃうんですよね。
当然、こればっかりやってると絵は上達しないし、自分の中に「ズルしてる」って気持ちもくすぶり続けるので、
絵を描くこと自体、面白くなくなるんじゃないかな?と。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次